エンジニア転職

IT業界へ憧れて転職する人がいます。

昔からパソコンに興味があった人、この業界に憧れていた人、またITの経験を積みたい人など、転職希望の理由は人それぞれです。実際のこの業界の仕事はハードです。特にシステムエンジニアや、プログラマーなどは、相当体力がないと長く務まりません。勤務自体が不規則な時間であることが多く、残業、翌朝までの仕事なども覚悟しなければいけません。家庭のある人などは、家族と触れ合う時間などあまり持てないかもしれません。また感性が豊かであり、新しいものを吸収する柔らかい頭も必要ですから、高齢の人はまず止めておいたほうがいいでしょう。また、IT業界に転職して、そこで長く勤務するような考えも持たない方がいいでしょう。長くて2年がこの業界の勤続年数と思った方がいいです。また、これも多いケースですが、自分が入社する会社ではなく、他社での常駐ということになるということです。常駐先での時間が大変多くなるのです。この状態が長く続くことで、退社したい、転職したいと思い始める人が多いようです。IT業界へ転職したい方の思いと正反対ですが、この業界から転職したいと言う人の理由というのも紹介しましょう。先に挙げた勤務状態が多く挙げられます。厳しい勤務状況、そして常駐先での孤独な作業なども転職したいと思う理由です。特に、チームで成果を挙げたい、部署で協力しあい、大きな仕事を成し遂げたいと思う方には、この仕事は向いていないでしょう。SEにしろ、プログラマーにしろほとんどの時間、パソコンに向かい作業をしています。また常駐先での仕事も、他社への協力という形であり、自分がそこの仕事の中心になることはありません。この状態での仕事はやりがいを感じられなくなってしまうようです。このように、IT業界へ転職したい方もいれば、この業界から転職したいと思う方もいます。どちらにせよ、自分の目標、目的などをしっかり持って、動きたいものですね。

 

(参考)
【ITエンジニア求人・転職ガイド】エンジニア求人の上手な探し方は?
マイナビ転職ITエンジニア

 

IT業界への転職希望をする人がいる人は多いです。

SEなど激務という事、そして多くの人が勤務年数が少ない業界である事など、わかった上でも、希望してこの業界へ転職するのです。それは昔から興味があったからでしょうし、一度経験を積むことで、その後に行かせるという判断からでしょうか。現場の経験を積むことで、その後業界の中でも、事務職や営業に転身するのに、有利になるケースが多いです。例えば、業界、現場を知らない営業マンより、業界、現場を知っている営業マンの方が仕事もしやすいでしょうし、会社側もやり易いでしょう。次へのステップアップのために、敢えてこの業界のそれも現場の仕事を希望しているのでしょう。このようなIT業界への転職希望をする人がいる中で、逆にIT業界から他業界へ転職する人もいます。例えば、ある30代男性は、IT企業の運用サポートの仕事をしていましたが、他業界のウェブ広告業界へと転職しました。この人の場合、年収は、前職より50万円ほど上がり、以前よりやりがいを持って仕事をしているようです。前職は、システムエンジニアだったのですが、お客さんの会社へ常駐する形でした。もともと興味があったことですし、実際仕事も楽しかったようです。しかしウェブ業界へ転職したのです。実はこの人、常駐先での仕事ばかりで、自社に行くのは月に1回ほどしかなかったそうです。そうなると、自分は常駐している会社の社員のような気がしてしまいます。もともと、会社内での、自分の存在を確率したい、チームとして他の社員と一緒に仕事をしたいと思っていたそうですから、これが転職するきっかけになったようです。どうしてもIT業界は個人で仕事をするケースが多いですから、そのような希望を持った人には合わないと言えるのです。

日本では終身雇用という勤務体系が長年続いてきました。

最近はその体制も徐々に崩れ始めています。しかし、まだまだ多くの会社がそのような体制を採っています。一旦会社に入ると、社員もまた経営者も家族的な雰囲気、体制の中で、多くの時間を共にするのです。時にはプライベートに関しても関わりを深くもつこともあります。昇進、転勤なども、実力が全てではなく、勤続年数などが、重きを置くのです。ですから、新入社員、又は転職して会社にひとたび入ると、何十年も長く勤務するのです。これが今までの日本的な勤務体形でした。しかし、次第に欧米の会社が国内に入ってきたことや、多くの若者が外国に出て行った事、海外留学、海外の会社に就職する人が増えてきたことなど、いろんな要因があるでしょうが、日本独特の特徴であった終身雇用制度が崩れてきたのです。この傾向は特に転職する人には有利に働いています。以前は転職することがマイナスでした。終身雇用の体形の会社に途中から入るのですから当然でしょう。しかし、実力主義の会社が増えてきたことで、転職することで、キャリアを築くという考えが生まれてきました。また、経営者側も、業績を上げるためにも、実力のある社員を浴する様になってきました。これは時代が、競争することを必然としてきたことが原因でしょうか。競争社会において、他社より顧客を獲得すること、良いものを開発すること、売上を上げることが、とても重要になってきたのです。ですから、業績を上げることができる人物を重視する傾向が出てきたのです。今、転職希望の人が大変多い時代です。実力を持った人は、希望の職場に入ることが可能でしょう。IT業界もそうです。実力のある人たちの集団と言えるかもしれません。ですから、他に良い待遇の会社があれば、業界内で動く人も多いのが特徴とも言えます。ですから自然と勤続年数が少なくなる傾向にあるようです。また、厳しい職場環境ですから、辞めるということもあります。特にSEやプログラマナーなどは、早朝勤務、残業などはもちろん、朝帰りもある大変体力的に厳しい職場環境です。若いひとならまだ続くでしょうが、女性や年齢が高い人などは、長続きはしないでしょう。この業界に転職するかたは、そこのところを熟慮して転職活動をしたいところですね。

IT企業へ転職を考えている人

IT企業へ転職を考えている人に、その厳しい体質、風潮に耐える心身がまずは必要です。カッコイイ業界だからなどと生半可な気持ちではとうてい務まりません。プライベートなど犠牲にできる人でないと長続きができないでしょう。そしてもうひとつ、この業界で働く上で必要なことは、この業界、この分野への向上心があることです。勉強が嫌いな方は、IT業界には向きません。常に頭を柔らかくして、日々知識を吸収する姿勢が要求されます。何故ならインターネットの世界は、進化が激しいものです。日々、いろいろなことが変わっています。
これについていけることが最低限要求されます。この業界は常に最新情報が必要です。新しいものを直ぐに自分のものにしなければいけません。昨日までの常識が今日はもう常識ではないのです。またすでに修得している技術も常に磨かなければいけません。せっかく習得した技術が古くて使い物にならなくなっていきます。一生懸命に勉強をして身に着けた技術なんですが、数年後には古くなってしまう悲しい現象は当たり前です。常に進化し続けることが必要なのです。IT業界は、仕事をしながら常に勉強もすることが重要なのです。他業界であれば、一度、身に着けた技術で一生、食べていけることでしょう。この部分の厳しさも覚悟をした上で、転職しましょう。