IT業界の厳しさ

イメージとして時代の最先端を行っている業界

IT業界は、イメージとして時代の最先端を行っている業界だとか、高収入が期待できる職業であるとか、いろんなものがありますが、大概に於いて良いものであり、若い学生の方にとっては、カッコイイ職業であるようです。ですから、今も付きたい職業として大変人気があります。また、転職を希望する人も多い業界と言えます。と言うのも、収入的にも良いですし、常に求人がある業界と言えるからでしょう。しかし、若い学生始め、転職を成功させて、実際に仕事についてみると、予想以上に、というか、とんでもなくハードな仕事だった、と言うのがほとんどの人の感想のようです。この業界は厳しく、特に花形と言われている職業の現場の仕事である、SEとか、プログラマーと呼ばれる職種などは、厳しさは度を超えていると言っていいかもしれません。遅くまでの残業は勿論のこと、朝帰り、又は泊での仕事もあります。家族のいる人はふれあいなどなかなかできない状態になります。ましてや女性などは、結婚ができない職種と言われています。年齢が高い人にも無理といえるでしょう。体力は勿論、気力が必要です。また、厳しいハードワークをこなせる目的、目標がないと、なかなか長続きができない業界と言えます。こんな厳しさを十分知った上で、応募しましょう。生半可な気持ちで応募したところで、また転職するのがオチでしょう。この仕事は、やりがいは確かにあり、仕事の達成感も味わえることでしょう。しかし、この業務の厳しさを乗り越えていく強い覚悟がなければ、この業界を目指すべきではないでしょう。最近問題になっている所謂ブラック企業と呼ばれる会社にIT業界はかなり当てはまると言えます。「定時に帰れない、残業するのは当たり前」「技術者としてハードワークは必須」「終電、徹夜は普通」など、このようなことが常識化されている業界です。それでも入りたいと思う人は転職を目指して頑張ってください。

若い人にとってIT業界は「カッコイイ」というイメージなんでしょうか。

今も人気の業界です。そのために、この業界に転職希望する人も多いようです。確かにこの業界で、仕事を一人前にこなしている人はそれなりの収入を得ています。他の業界と比べても高い収入と、言えるでしょう。「カッコイイ」イメージと、高収入ですから、やはり転職したくなるのでしょう。しかし現実はどうでしょう。一言で言うなら、大変キツイ仕事です。半端ないと言えるでしょう。特に現場の、エンジニアやプログラマーは想像以上の大変さです。最近の若い人の多くが、仕事もプライベートも充実させたい、といいますが、この業界で現場の仕事をするならば、そんな希望は持たない方がいいです。プライベートの時間など、ほとんど持てない位の覚悟がないとこの仕事は無理です。日々の残業は当たり前、終電で帰ることもままならず、泊り込みで仕事をするのもよくあることです。なかには数日間、自宅に帰らず、プロジェクトが終わるまで、仕事をするケースもあります。とてもとても定時で帰るなんてことはありません。他の友人が、趣味やデートを楽しんでいても、また家族との時間を楽しんでいようと、この業界に入ってしまったなら、そんなことは考えないで、仕事ばかりの毎日になる覚悟も必要です。ほかの事を犠牲にして、自分の時間をすべてこのITの仕事につぎ込むことが出来る方でないと続かないでしょう。こんな勤務状況ですから、女性や年齢が高い人には無理があります。業務は超が付くほどにハードです。寝不足は当たり前です。美肌がどうだと言っていられません。また年齢が高いから睡眠時間だけは確保したいとか、考えるようではこの仕事はできません。女性はお嫁に行けなくなるとも言われています。ここまで話せば、そういわれている理由も少し理解できるのではないでしょうか。体力がなければ続きません。また、精神的にもタフでなければ続きません。この業界でも、精神をおかしくして辞める人がいます。このような厳しさだから、メンタル的にまいってしまうのもわかりますね。うつ病にまでなる人もいるのです。これがIT業界なのです。このような厳しさにも耐えることができる人だけが働ける業界なのです。